Top >  RSIの活用法

RSIの活用法

株式投資を行う上で、大切なテクニカル分析手法の一つに、オシレーター系と呼ばれる分析手法の「RSI」(アールエスアイ)があります。オシレーター系の分析手法の特徴は、「買われすぎ」や「売られすぎ」を示すということです。つまり、この指標を理解していると、株式相場がいつ反転しそうか、前もって予測することが出来ることになります。

 RSIとは、一定期間の為替の値上がり幅の合計を、値上がり幅と値下がり幅の合計で割ることで算出されます。これを百分率で表した数値が、いくらかによって売買タイミングを見極めます。

 RSIにおける売買タイミングは、RSI=30%以下となれば買いのタイミング、70%以上が売りのタイミングと言われています。非常に、分かりやすい指標ですので、ローソク足を見ながらRSIの指標を見ることで、売買タイミングの確率がアップします。

 但し、RSIには弱点があります。というのは、RSIの特徴にあります。為替レートが、上下どちらに振れやすくなっているかを示す指標ですが、株価の上下幅が大きいチャートほど、算出時の値が出やすい傾向にあります。そのため、値動きの激しい株価では、RSIの数値が変化しやすい特性があります。逆に、値動きがあまりない株価は、RSIが変化しにくいため、売買タイミングの見極めが難しいのです。

 そのため、RSIのみで売買タイミングを計ることなく、保有する株価の特性や、過去の上下変動の大きさを調べながら、RSIが有効活用出来るかどうか、検証してみると良いでしょう。