Top >  企業収益の安定性

企業収益の安定性

自分が投資しようとする会社が、いったいどれだけ安定しているか、どのように計れば良いのでしょうか。実際に財務諸表と睨めっこしたり、IR情報を眺めただけでは、すぐに会社が安定しているとは見抜きにくいことでしょう。ここで、1つの考え方として、企業収益がどれだけ安定しているか、という点で見る方法があります。その指標が、ROE(株主資本利益率)です。

 ROEは、株主資本(自己資本)が企業収益へどれだけ貢献したかを見る指標です。具体的な計算式は、「ROE(株主資本利益率)=1株あたりの利益÷1株あたりの株主資本」として表されます。ここで、1株あたりの利益は、当期純利益÷発行済み株式数で表され、1株あたりの株主資本は、株主資本÷発行済み株式数で表されます。

 ROEは、その数値が高いほど資本効率が高いことを意味しており、しっかりと利益を上げていることが分かります。逆に言えば、ROEが低い企業は資本効率が悪く、利益を生み出せない企業と判断されます。

 実際に、財務諸表から自分でROEを算出するのは難しいのが現実です。そこで、利用したいのがインターネットのファイナンス専門コンテンツや、株式投資に関する雑誌に掲載されている各企業のROEの数値を見るのが、最も手軽で効率的です。業種によって、ROEが高いのか低いのか、同業他社と比較してどうなのか、という点で調べることが出来ますので、投資先企業を調べる際はROEを軸として色々と調べてみることをお奨めします。

バイナリーオプションに負けた男のBLOGを紹介しています
簡単に加入できるオススメの保険についてお教えします