Top >  とても便利なMACD

とても便利なMACD

移動平均線とセット扱われるテクニカル分析手法に、「MACD(マックディー)」と呼ばれるものがあります。RSIを始めとするテクニカル分析手法と組み合わせることで、売買タイミングの確率が大きく向上するため、必ず利用される手法の一つです。

 MACDとは、「Moving Average Convergence and Divergence」の略称であり、移動平均収束発散法という考え方が中心となります。具体的には、移動平均線の、短期線と中期線を5日と25日の期間で計算する場合、5日分及び25日分の最終値を1日分足し、5日及び25日分で除算します。つまり、最終値を重み付けした移動平均線を意味しており、翌日以降、株価が上下どちらへ向かうかを示す指標なのです。そのため、基本的には移動平均法の考え方が分かれば、MACDの仕組みと活用方法がすぐに理解出来ます。

 実際にMACDを活用する方法は、移動平均線の活用方法と同じです。短期MACDと中期MACDを準備し、その位置関係から売買タイミングを見極めます。例えば、短期MACDが中期MACDを、下から上に突き抜けた瞬間がゴールデンクロスです。逆に、短期MACDが中期MACDを上から下に突き抜けた瞬間がデッドクロスとなります。

 移動平均法と合わせて活用することで、両者の手法がゴールデンクロスになるか、デッドクロスになるかを見極めることで、売買のタイミングが向上しますので、必ずセットで扱うようにしましょう。